速報!
中間テスト結果
中3男子数学 95点
中1女子数学 97点×2人
中1男子社会 97点
中3男子社会 44点アップ!
中1女子国語 96点
中3男子数学 30点アップ!
中2男子社会 96点
中2男子数学 22点アップ!
中1男子数学 98点

まだ全員には聞けていませんがこのような結果になりました。
特に1年生、初めてのテストで不安な中、とっても頑張りました♡

今は総体前+運動会前+診断テスト前 など行事が重なり体がしんどそうです。
でもお勉強も少しずつコツコツやっていきましょう。

さて、今回の中間テストですごく思ったことなんですが、
中1の英語は、小学生のときに英語教室などで習ってた方が絶対有利!
もっと細かく言うと、
「小学5年生か6年生からリスニングとスピーキングに
重きをおいた英語教育を受けている子の方が点数につながりやすい説。」
ですね、当たり前かもしれませんし、いやいやそんなの通ってなくても
中学から学校で習ってるだけで高得点じゅうぶん取れます、という意見もあるでしょう。
もちろん中学の授業だけで理解しリスニング力などが身につく生徒もいると思いますが、
自分でもCD聴いたりそれなりの努力をしないとなかなか難しいのではないでしょうか。

野田塾では、小学生の英語は英検受験に向けたカリキュラムで授業を進めています。
なぜ英検かというと、英検では
・ライティング(文法、単語・熟語、語順 など)
・リスニング
・スピーキング(3級から)
を試されるため、英検の勉強をすることでそれらの力がついてくるからです。
まだ小学生ですし、遊びの要素も入れながら先生も生徒も楽しくやっています。
中学校の授業では、現状なかなかできないことではないでしょうか?
野田塾で英語を学んだ生徒たちは、そうやって身につけた英語力で
中学英語をスイスイ乗り切っていくことができます。

ネイティヴに学ぶ活きた英会話もいいのですが、欠点は
文法が身につかない、というところです。
リスニングとスピーキングは外国人から学ぶのが一番ですが・・。
試験はあいにくそれだけではダメで、ライティングの部分が大半ですから。

英語教育に関しては色々意見もあるし、私ももっと言いたいことがありますが
この辺にしておきます。