高松市個別指導学習塾 野田塾

野田塾通信 成績を上げる!時間の使い方

時間を意識しながら勉強するのはとても大切なことです。
ひとくくりに時間、と言っても漠然としていますので
大中小に分けたいと思います。

まず「小」の時間
これは1日のうちの勉強時間の使い方です。
例えば学校から帰って寝るまでに3時間の勉強をするとします。
その3時間をどう使うか?
いきなり始めるよりも、例えば50分x3に分け間を休憩時間と設定します
その3コマにそれぞれ教科を設定し、ToDoリスト(やるべきことリスト)
を作っておきそれに沿ってこなしていきます。
リストの項目を達成したらチェックを入れていきます
私的には、項目をグワーッと力いっぱい線で消すのが好きです。
最初に50分ではちょっと無理かな、というくらいの項目を詰めこんでおくと
自分なりに消化しようとして、解くスピードや覚えるスピードをアップさせようとします。
これがすごく大事です!
つまりこの「小」時間には1問を解く時間まで含まれています。
テストでは制限時間があります。その時間内に実力を発揮するには?
実力以上の力を出すには?
日頃から問題に取り組む時間を意識するのが大切です。

次に「中」の時間
これは1週間、1ヶ月、1年 程度のスパンでとらえる時間です。
1ヶ月後に5教科のとても大事なテストがある。
それに間に合わせるためにどうすればいいか?
半年後に高校受験がある、志望校に合格するにはどうすればいいか?
例えば教科ごとに学習項目(問題集の目次を見れば一目瞭然です)
を割り振っていく 逆算しながら間に合うように、です。
ここで欠かせないツールはカレンダーです!
自分の部屋に勉強机(普通、あると思いますが)、カレンダー、時計は
ありますか?スケジュール帳もあるとベターです。
テストがいつで今日は何日前?テスト範囲は?
常に目にするところに貼っておいたほうがいいです。
そうして出来上がった中期のスケジュールを、先ほどの「小」時間
一日一日の勉強へと落とし込んでいくのです。
ここでも、ちょっと無理かも?くらいの詰めこみは必要かもしれません。
やばい、間に合わない!本気でやらないと無理かも。
こんな焦りがモチベーションアップにつながります。
(決してやる前からあきらめないでくださいね)

最後に「大」の時間
これは一生の時間です。
今小学生や中学生のみなさんはピンとこないかもしれませんが
人は平等に一日24時間で命にも限りがあります。
本当に自分が望む人生を歩んでいくためには?
まずは進学する先を決めるのに「自分はどうしたいのか?」
「何をしたいのか?」見つけることも大切です。
今やっている勉強はその通過点です。
目の前のことにばかり心を奪われていると
大きく物事を捉えることができなくなります。

最近読んだ本に、
「子供が1時間しか勉強しなかったのに3時間も勉強するようになり
成績が大きく上がった!と喜ぶ親御さんがいます。
でも勉強時間が3倍になったならその分成績が上がるのは当然で、
それは厳密に言えば成長ではありません。
素直でいい子だから長い時間を勉強に投入しただけで、その状態は
残業すれば仕事が終わるサラリーマンと変わらないかもしれません。
これでは投入できる時間が物質的な限界に達した時点で成績の伸びは
止まってしまいます。必要なのは今までより長い時間勉強すること
ではなく、今までと同じ時間しか勉強していないのに今までより
高い成績を取れる勉強方法を見つけることです。」
(「自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も
手に入れられるたった1つの考え方」ちきりん著
一部本文より変えています)
とありました。

効率的な時間の使い方・勉強方法を身につけるとその後の人生も変わる
ような気がしませんか?

新着情報

野田塾通信