4月最初に少し学校行ったけど、
2月末から基本ずっと休校・・・
な学生の皆さん!

いかがお過ごしでしょうか?

私の周りの中高生たちに聞いてみると
(少人数ですが・・)

女子は相対的に真面目で、
・勉強面で不安な気持ちを抱えている
・もう再開できないんじゃないか?と悲観的になっている
・学校行事の心配
・退屈、やることない  など

男子はどちらかというと、
・学校なくてラッキー!
・ネットゲームをしているのでしょうか?
 割と友達と交流できている
・体力を持て余した子は公園でサッカーしている

男女差が浮き彫りになっていますが、
共通して言えることは、
受験の学年(中3と高3)の子たちの
戸惑いはやはり大きい
ということです。

どちらかというと「暗い」です・・・。
特に高校3年生は、昨年から引き続きセンター試験廃止
新しい制度への右往左往ぶりに振り回された上
現在授業がない状態で、
受験に向けて今どうしたら良いのか?という・・・。

私立高校と公立高校の差も開いているでしょう。
また、スポーツ推薦を狙って部活に打ち込んできた
生徒たちは、インターハイの中止で推薦が微妙に
なっているのでは?

大学も、休講続きで対応があまり良くないところが
多いように見えます。
そんなところに大金を払って進学したいのでしょうか??
有名大学を卒業したら就職に有利??
微妙ですね・・・。

では今どうしたら??

5年後の未来は全く読めません。
今のコロナ禍だって、5年前にズバリ予測できてた人
はいないか、ごくごく少数でしょう。

そんな今を生きている若者たちは、どうしたらいいのでしょうか。

まず、自分たちで調べて行動すること!ですね。
ネットがあるんだから調べることができるでしょう。
自分の頭で考え判断しましょう。

そして親の言うことを真に受けてそのまま言う通りに
していてはダメだということです。
なぜなら、とても昔のことを言っているからです。

親もそこは肝に銘じないといけません。
自分が学生の頃のことを良かれと思って押しつけていては
時代遅れも甚だしいのです。
1年2年で世の中は大きく変わっています。

「常識」も怪しいですね。
私も塾で「そんなん常識でしょ」と
言いたくなるのですが、言う前に考えることにしています。
ほんまに常識なん?と。

しかしだからといって親が言うこと全部ダメってこと
じゃないですよ、もちろん。
子供より長く生きているのですから
経験の中から学んできたことは教えてあげるべきです。

そして親も勉強することですね!
勉強といっても、問題解いたりの勉強ではなくて
本を読んだり新しい知識を取り入れたり、
興味のある分野を調べてみたりってことです。

ちなみに日本人は世界的に見ても「大人が勉強しない国」です。
平成28年総務省による統計では、
社会人が1日に勉強する時間の平均は1日6分と出ています。
なんと!びっくりですね。
そんな大人たちが子供に勉強せよと言っても説得力に欠ける気がします・・・。

かくいう私も・・・

今春、私の息子が大学受験を失敗したことで、
逆に私の視野が広がりました。
私は今までいかに自分の経験の中でしか大学受験を
考えていなかったのかと思い知らされました。

それはすなわち子供の視野も狭めていたし
選択肢を減らしていたことになっていたのだと。
まあ子供が自分で調べるべきでもあったんですが。
これも親子共々「勉強不足」ということでしょう。

息子は通信大学へ進学したのですが、
長男の大学受験その後〜完結編〜参照
調べてみると、思ったより通信大学の種類が多く
社会人になってもこうやって勉強をしている人もいるんだと
リアルに知りました。
なので先ほどの「大人の勉強」をこういった通信大学などの
機関で実践することもできます。

どこへつながるのかを意識しよう

勉強勉強、といってもどこへつながっていくのか?
が見えていないと苦しいだけです。

私は勉強→→→収入へとつながっていると思っています。
またその収入→→→社会貢献へと。

直結の場合もあるし、曲がりくねった道を経て
つながる場合もあると思います。

なかなかたどり着かない場合は、単に勉強の選択を間違っただけ
だと思います。
失敗は誰しもあります、転んでも石ころでも雑草でもいい、
何かをつかんで起き上がることです。