高松市個別指導学習塾 野田塾

野田塾通信 こどもにいつ投資すればいいのでしょう?「学力の経済学」

タイトルがとても興味深い本を読んでいます。
「学力の経済学」

子育ての素朴な疑問
①ゲームは子供の学力を下げる?悪影響?
 暴力的なゲームをしたら暴力的な子になる?
②ご褒美(お金)で釣って勉強させるのはダメ?
③子供はほめて育てるべき?
などなど

これらの疑問に対し、今まで科学的な
根拠をもって
YewかNoの判断をしてくれた人がいたでしょうか?
大抵は
「私の経験からすると、」
「私が思うに、」・・
主観的な判断ですね
(②③は個性心理学でタイプ別に解釈できますが)

この著者は教育経済学者
(教育を経済学の理論や手法を用いて
分析する応用経済学を研究する人)で、
読むと分かりますが
『データフェチ』。
何でもかんでも公平にデータを取り
統計する人なのです。

そんな統計を基に繰り広げる
因果関係の証明は、本当におもしろ
かったです(まだ最後まで読んで
いませんが)

経済学らしいテーマが
「子供にいつ投資したら収益率が最も良いか?」

将来子供が高い収入を得ることを期待
し教育に支出することは、
将来株が値上がりすると期待して
株を買うことと同意義です。
ふむ確かに。
で、投資と考えると、
じゃあいつ時間やお金を投入するのが
いいのでしょう??
小学校、中学校、高校??
大学、大学院???

教育段階が高くなればなるほど教育の
収益率は高くなると信じ、
学齢が上がるほどかける金額を増やす
べき、
というのが定石というか
世の中の通念のようですが・・・

さてどうでしょう?
興味のある方はぜひ読んでみてください!

新着情報

野田塾通信