高松市個別指導学習塾 野田塾

野田塾通信 中間テスト

中学生にとっては新学年になって

初めての大きなテストが近づいてきました!

特に入学したばかりの1年生、

不安でいっぱいなのではないでしょうか。

小学校では単元ごとにテストがあり

順位がつくことはなかったでしょう

しかし中学では学年で◯位、と数字で

自分の位置がわかるようになります。

ひとによっては、

「比べられるのがいや。」

「別に何番でもいい。」

な子もいるでしょうし逆に

「いい順番をとりたい。」

「あいつに勝ちたい」

など闘志満々の子もいるでしょう。

いずれにしてもそれは本人の感じ方で、

親がどうこうできるものではないです。

 

懇談で保護者の方にテストについてアドバイス

するときは、一喜一憂しないことを言っています。

アドバイスというよりも、「お願い」です。

順位の上がり下がりは誰でもあるし

いちいち喜んだり悲しんだりしないでください

本人が一番わかってるから。

もちろん上がったら思いっきり褒めてください、と。

あと、こどもの性格にもよりますが、

ひとと比べるのではなく自分が前回と比べてどうか?

前回より上がったのならいいじゃん

と考えるようにする、とか。

中にはライバル意識が強い子もいますから、そういう子は

それをうまく利用してモチベーション上げましょう。

いずれにしても、親は順位が気になり1番でも下がるとカッとなる、

でも、こどもはそんなこと感じない、のに怒られる

また、親は◯◯さんを意識して勝った負けた、と思う

でも、こどもはそんなことどうでもいい

そういう感情の違いはありがちです

親とこどもはそもそも別の人間だと自覚しなければ

悲劇です。

こどもの個性や性格をじっくり見極めて

どう声をかければモチベーションが上がるのか?

いい方向へ向かうのか?

それを考え実行するのが親の愛ではないでしょうか。

 

なんか深い話になってしまいました (> <)

たかがテスト、されどテスト……

ですね。

新着情報

野田塾通信