マイペースな子、控えめな子でも

しっかり授業についていける

野田塾では、集団で行う塾のように、どんどん進めていく…ということはしません。
お子様1人1人の学力やペース、個性に合わせ、分かりやすい解説をし、理解できたかどうかを確認しながら進めていきます。

 

授業で使用している問題集は、教科書に準拠したもの、且つ、問題数が多いものを採用しています。基礎→応用→チャレンジというように段階があり、1歩ずつ着実に進んでいけるよう見守りながら学習します。

 

自分で学習できる
習慣づくり​​

教科書に準拠した問題集を活用した学習ももちろん行いますが、野田塾では自主学習にも力を入れています。自宅で自主学習できたら、お子様専用スタンプカードに判を押していき、1つ1つ積み重ねていった過程、過去の自分と比べた成長等を「見える化」しています。

自宅での学習内容は、社会であっても漢字の書き取りであっても構いません。「自主的に勉強できた」というところを褒め、自己肯定感を上げていき、自分から進んで学習できるように習慣づくりをしていきます。

 

自主学習ノートをお子様に作成していますので「勉強のやり方が分からない」というお悩みも解消します。

 

図形のパズル遊びで

飽きさせない授業

こどもが60分座っていられない…というのは、珍しいことではありません。 こどもは、楽しくない事には飽きやすく、興味も沸かない。だから、勉強を「楽しい!」と思えないうちは「やらされている」という感覚が強く、つい飽きてしまいがちです。

野田塾では、机に向かって学ぶ授業だけではなく、体感した遊びとして学べる”図形パズル”を活用した授業を取り入れています。図形パズルを活用することにより、遊びながら、論理的に考える力や視点を変えて考える方法などを身につけていきます。

 

小学生コース概要