野田塾で子ども瞬読教室を始めたのが今年の7月20日、
今ちょうど通塾3ヶ月経ったところです。

たった3ヶ月なんですがめざましい結果が出ております。
こちらの記事を参照

新教室を出すことを決意

この過程で私は、高松市内にもう1教室出すことを決意していました。
もっともっとみんなに知ってほしい、
体験してほしい、
国語力・読解力を身につけてほしい!
との思いからです。

で、(夏期講習中でめちゃくちゃ忙しい)8月中に物件を探すことになりました。
何十件も見に行くことを覚悟していたのですが、なんと1件目でぴったりのところが見つかったのです。

「まさか?え?でもここやわ!」
と思い即決で契約しました。
こちらは机とイスのレンタルまでできて、準備することは少なくてすみました。

そして明日、いよいよオープンです!
野田塾番町校:高松市番町3丁目3番17号プレシャス番町ビル1F

 

生徒さんに来てもらうには

しかし志は高くても生徒がいないことには成り立ちません。
ここ1ヶ月は説明会に明け暮れました。
とにかく動員、説明、動員、説明です。

一口に「瞬読」といっても何かわからない、
「速読」と同じと誤解されていたり、
自分には無理、との思いこみがあったり、
本を速く読めるだけでしょ、と思われていたり・・・

そのあたりの説明を丁寧にしていく必要がありました。
何より、
私がなぜ「瞬読」を選んだのか?
そしてどんな成果があったのか?
そこを語ることの大切さも感じました。

それにはチラシ1枚では無理で、メールやこういうブログでも難しい、リアルにお会いするのが一番だと感じます。
コロナ禍だけど・・・。

もちろんこれは全て「瞬読」代表の山中恵美子さんから学んだことです。
今年6月に西宮教室に見学に行き様々なことを学んで来ました。

西宮教室は瞬読が生まれたところ。いわば総本山です。
この時は瞬読教室の様子もじっくり見学できて、生徒さんの瞬読ぶりを目の当たりにできました。

その後山中代表の説明会も見学できて、こうやるんだ!ってことがわかりました。
実り多い西宮訪問でした!

高松に戻り、説明会に来ていただくまでが本当に大変でしたが、今まで塾でやってきた広告において効果のあったやり方(でも費用がかかるやり方)で広告展開してきました。

本当にありがたいことにたくさんの方にお越しいただき、説明会を何度もすることができました。
感謝でいっぱいです!!

野田塾の瞬読教室説明会は

先ほども述べたように、説明会では
1)私の瞬読を始めたきっかけ、効果、などをお話し、
2)瞬読とは何か?なぜ必要か?というところを説明します。
3)一緒にプログラムも体験してみて(ここが一番オモシロいところ!)
4)最後瞬読教室やプログラム受講についてお話ししております。

何度も同じ話をしているのですが、まったく飽きません。参加くださってる皆様の反応もそれぞれで面白いです。

話せば話すほど、瞬読って本当に全員必要じゃね?とまで思ってきます。

大人だって勉強するべきですよね。
だって人生100年時代と言われています、40代50代でも学び直し・アップデートしていかないとまずいですよね。
小中高大学で学んだことって、もう古すぎて使えませんよね?

私のように小・中学生にお勉強を教える仕事だと別ですが。
といっても実際、例えば一次関数の問題が解けるからといってどうということもなく、もうそういうのって職人というか専門過ぎてまったく他では通用しない知識なんですよね。

でも学生にとっては勉強する必要があるっていうのは、
勉強の仕方や考え方、思考力を学ぶため、
つまりのちの学び直しのための基礎部分を学習しているんだと思うんですね。

その基礎・土台に欠かせないのが「読解力」だったりもするので、瞬読スキルが有効ってことです。

さて、新しい教室「野田塾 番町校」ではまだまだ生徒募集中です!説明会も随時開催しております。よかったら一度参加してみませんか?大人の方・ファミリーの方向けにご自宅で学べるプログラムもご用意しております(^.^)

お問い合わせ・お申込はこちら

子ども瞬読教室ページ