もう7月になりましたね。

毎年、中学生や高校生にとって夏休みは長期休みというだけでなく、1つの区切りという位置付けです。

特に中3・高3は、部活している子なら
夏の総体があり、それがすなわち引退試合に
なることが多いです。

そして切り替えて勉強に打ち込み受験へ向かう・・・そんな時期だったりします。

野田塾の夏休み対策

野田塾では夏休みから受験生を受け入れるのは
もはや風物詩、今から頑張るよーって子を
何人も何人も指導し合格へ導いてきました。

以前は、

「そんな虫のいい話ないでしょ、今まで勉強して
なくて部活終わったら急に頑張るってそんな・・・。」

と思っていましたが、
この子たちの頑張りは(個人差ありますが)
さすがスポーツで鍛えられた精神力があるというか、
けっこう頑張るんですね。感心します。


また、塾側も手慣れてきて、
まずこれを5周させて次これやってそれでダメなら
これやって、これを5周、そしてそして・・
ノウハウが出来ていますから、
適応させるとだいたい結果が出るようになっています。

もちろん全員同じではありませんが、
年数を重ねるごとにいろんなパターンの実績が
積み重なっていて、その子に合ったように
カリキュラムを組むことができます


だから、経験と実績のある塾を選ぶ方が
絶対いいと思います、
なんたって時間がないですから!

年末年始くらいに、
「この塾あかんわ、ほか探そう・・・」
ってなかなか難しいと思います。

高校生コース誕生秘話?

また高校生コースを作ろうと思ったのも、
夏休みから頑張る子も視野に入れたからです。

昨年の夏、高3の長男が部活を引退し、勉強に専念する!
となった時に親としてどうしたらいいのか?考え
塾を探したりしましたが、適当なところがなく
本人も「自分で頑張る、塾には行かない」
と言い出したので打つ手がない状態でした。

失敗したら浪人って考え方もなんか腑に落ちず
賛成できなかったため、やきもきしました。

瞬読を一緒に習得したほかは、そっと見守るだけで
時が過ぎ、センター直前に少しお勉強をみた程度でした。

模試の結果など見ても全然ダメやんと思いました。
案の定結果は全落ち(>_<)

だけど夏からセンター試験または私立入試までの期間、
やる子は頑張って結果出すだろうと思いましたし
(私が高校生のときもそんな子いっぱいいました)、
要領よくすれば間に合うのではないかと思いました。

やみくもに自習をしても
自己満足に終わってるのかもしれず、
指針というか方向性を示してあげた方がいいかも、
と感じたところに「受験コンパス」さんとの出会いがありました。

よかったら内容をご覧ください。

今年の夏休みは・・・

今年の夏は、例年に比べていろんな意味で違います。

まずコロナの影響で総体が中止になったり夏休みが短縮になったり・・・
そもそも受験大丈夫なん、予定通り?・・とか。

生徒たちには苦しい夏になりそうですが、
体調に気をつけながら明るく乗り切って欲しいです。

体調崩すのが一番良くないです。
親御様たちには、栄養のある食事・
暑さ対策をがんばってほしいです。

野田塾では小学生・中学生向けに夏期講習
も予定しております。
高校生コースも入塾受付しております。
一度お問い合わせください。