「学校の勉強なんてしなくてもいい」という人たまにいますよね。

・一次関数なんて使うときあるん?
・足し算引き算ができたら何とかなる!
・英語なんか使うときないからいらない!
・歴史なんて知ってどうなる?

そういう人って、たいがい生活で苦労していたりします・・。
なぜ、今苦労している人ほど「勉強しなくていい」
と言うのでしょうか?

それは、自分が苦労している理由が
「知識不足であること」すら
理解していないんです。

知識不足や能力不足で苦労しているのにもかかわらず
「世の中が不景気だから」
と理由をつけ始めます。

この情報化社会だからこそ学んでる人と学んでない人
の差が出てしまうというわけなんです。

というのをメルマガで見て「なるほど」と思いました。

どんな人が損してるの?

例えば、
・いつも何かの支払いに追われている人。
・引落にすればいいのにその手間を面倒と思ってしまう人。
・コンビニで現金下ろして毎回手数料払っている人
・そもそも家計をきちんと計算して管理することができない人
・宝くじを並んでまで買う人(宝くじは貧乏人の税金と言われてますね)
・リボルビング払いはとても損すると知らなくて少しずつ払えていいと勘違いしている人
・詐欺メールに気づかずだまされる人
・給料に見合わない多額な住宅ローンを抱えている人
・大きな会社は潰れないと思っている人
・大学さえ出ていれば安泰だと信じ子供をFランクの大学でも入れてしまい多額の学費を払う人

知らないということは、いつのまにか気づかず損している
ということでもあるんですね。

これって「情弱」でもありますよね。

情報弱者。Googleで調べたらすぐわかることなんですが。
案外検索しない人多いですよね。

検索したとしても偏った情報・自分に都合の良い情報
だけを無意識に選んで信じてしまう

・・・これは陥りがちだと思います。
私も心当たりがあります!

それにネットで無料で出てくる情報は
全てが真実とは限りません。
本を読んだり人に聞いたりして
やっと本当のことがわかったりします。

また、さっきのメルマガには

「数学なんていらない」という人は、数学を使った人生を生きていく選択肢を失っただけ。

「プログラミングは難しいからやらない」という人はプログラミングスキルを活かす人生を歩めなくなるだけ。

知らないところで大きな損をしているんですね。

と書いてありました。確かに!!

勉強する=選択肢を広げる 
ことでもありますよね。

じゃあ今どうしたらいいの?

で、そうならないために今小学生・中学生・高校生のみなさんは
どうしたらいいのでしょうか?

将来直接使うわけじゃないけど、学校の勉強をちゃんとする
ことをオススメします。

実際、世の中足し算引き算だけでどうにかなりません、
消費税計算するときですら掛け算割り算使ってますよ笑

また、国語の読解力もめちゃめちゃ必要です。
契約書などの文面を「読んだ」と「読んで理解した」とでは
雲泥の差があります

いつも思うのですが、漢字の読みを知るのも大事です。
書くのは忘れてもスマホの変換ですぐわかりますが、
読めないと調べるのがなかなか大変です。

そういった基礎的なことに始まり、
「知らないことを知っていく」勉強
そしてわからない問題をじっくり考えて解決していく、
など今じゃないとできない勉強をしてください!

大人たちは「なぜ勉強が必要か」
子供に説明できるようにしたいですね!

強制的に「勉強しなさい」ばかりでは
子供はちっともピンときてないと思いますよ。