1週間全員に一通りリモート授業をしました。

「塾 リモート」などでまあまあ検索されていますので
もうちょっと詳しく書いてみようと思います!

最初に言っておきますが、うちはいわゆる
「オンライン授業」ではありません

ていうか、定義がよくわからないのですが・・・

「オンライン集団授業」と言ったらいいのか?
録画している授業の映像を見せる形の授業ではありません。

あくまで相互方向の個別指導です。
普段の個別指導と変わりないクオリティを目指しています。

生徒たちは、一方的に授業しているのを
見聞きしているわけではないので
たくさん会話して質問したり、
せっせと手を動かし問題を解いています。

では詳しく記述していきますね。
写真があまりなく長文です、すみません・・・

使う機材等

・パソコン(一番望ましい)

・タブレット(イヤホンマイクを必ずつける)

・スマホ(できると思いますが使っていません) 
:以上デバイスの台数は1日の個別の組み合わせ最大数

・アプリはzoom 全てのデバイスにダウンロードする

・WiFi 当然必要・・・うちは電話線引いてないので
 ソフトバンクBBAirにしました。

・イヤホンマイクまたはヘッドセット
 (ヘッドセットは売り切れ傾向)

 注)消毒はマメにする。使い回しは特に注意

zoomの設定

・サインアップをしてアカウントを取得する

・1対1 つまり2人で入室するなら時間無制限で無料
 だけど、3人以上になると40分までの時間制限が
  ある。

・そこで「プロ」有料プランに入る。月2000円。
 年払いだと少し安いが、このリモート授業がいつまで
 続くのか?1年未満と期待して月額の方に。

・プロプランに入れば安心、というわけではなく、
 1アカウントで開催できるミーティングは同じ時間に
 1つだけ。
 しかし、ホストを増やすことで数を増やすことはでき
 る(+約1500円追加)
 アカウントを増やしてしまうこともできる。

・増やすホスト数またはアカウント数が最大いくつ必要
 か、シミュレーションして考えておく。
 例えば、ある曜日のある時間、一度に指導する生徒が
 10人、一度に2人ずつ教えるとすると5つのミーティン
 グルームが必要というわけ。

・あまりにも多くて費用がかさむなーって場合は
 リモート授業の間だけ時間割を変更して一度にみる
 生徒数を減らす工夫もいいかも
 もしくは全員1対1で指導するなら無料プランでいける!

・アカウントのデフォルト設定を変えることも必要
 *入室するときのパスワード要求を解除する
 *待合室を解除する
 *ブレイクアウトルームが使えるようにする(必要なら)
 *自分が映る画像が気になるようなら、画像を補正する機能もある
  →これら設定の仕方は割愛します、調べてみてください

教室内の準備

・先生には出勤してもらうようにしたので教室内の消毒
 清掃など。
 一度に来る人数を極力少なくする・マスク着用・
 先生間の距離を取る など感染予防をしっかりする

・先生たちも自宅で授業をしてもらうことは可能だと思う。
(その場合は先生たちは全員担当する生徒の教材と同じ
 ものを手元に用意、授業内容の指示、事後報告など
 どのようにするか段取りしておく)

・生徒と同じ教材を見ながら授業ができるよう準備。

・プリントを渡す場合を想定して準備。
 →うちはプリントを見せる必要が出てきたら写真に
  撮り共有画面で見るようにしている。
  ただ、プリントを宿題にするとか授業では使わな
  いけど渡したい場合は、ファイルを送信して自宅
  でプリントアウトしてもらうか郵送するしかない
  のかも。

・各先生の後ろにホワイトボードが来るような環境を
 作る
 小さいホワイトボードを手に持って見せるのもアリ
 紙に書いて見せる、とか共有画面のホワイトボード
 を使うのは困難だと思う

先生たちはこんな感じ・・・なんかさみしいですね(T-T)

生徒側の準備(お願いすること)

・連絡を取りやすくするため生徒のLINEとつながって
 おく
 :ミーティングIDを知らせたりトラブルのときなど
  すぐ連絡

・使うデバイスにzoomアプリをダウンロードして
 おいてもらう
 色々やったがスマホが最適っぽい。

・アプリの設定は特に必要ないが、入室の仕方はLINEに
 説明送った方がいいかも。
 うちは動画にして送りました。

・スマホの配置(ここが大事!)
 顔ではなく手元が映るように、上からカメラで映る
 ように固定すると書いている文字までバッチリ見える
 ので指導がしやすい。
 また、画面では先生の顔とホワイトボードが見えるように

 今のところスマホスタンドアームのようなものが一番いい

 参考記事:リモート授業の受講方法・参考にしてください

・本格的に授業を始める前に、試しにつながってみる機会を作ってあげる

授業前の準備

・時間割の確認は教室でしていた頃よりも慎重さが必要。
 例えば個別指導の組み合わせを後で変えるなどはとても大変!

・個別の組み合わせにミーティングIDを割り振り、
 その番号をLINEで生徒に知らせる。
 そのとき授業開始時間を明記

・使用端末の充電めちゃ大事!イヤホンの確認

・各端末アプリを立ち上げすぐにミーティングルームに
 入れるような状態にしておく

・コマとコマのつなぎがうまくいくかしっかり確認。
 生徒の退室→入室 

・使用する端末、ミーティングIDとの合致など

・授業内容をしっかり構成しておき教材の準備。

・シフト確認、生徒の振替などないかしっかり確認

1週間終えてみて

とにかく生徒の親御様のご協力が大変ありがたいです!
教室でお勉強してたのと全く変わらない
との声もいただいており、なんとかクオリティ落とさず
にできてるかなと思えました。
ありがとうございます!!

また、うちの先生方には本当に頑張ってもらってます!
いつもより細かく説明が必要になったり、
音声や画像などの確認が必要になってたり。
でもしっかり使いこなしてくれて、来週からは
もっとスムーズに授業できると思います。

しかし、生徒たちの声はよく聞こえるけど、
顔が見えないのがさみしい・・・
てか、会えないのが本当にさみしいです。。。

最後にCMさせてください!

こんな風に頑張っている野田塾、現在リモート授業で
きちんと個別指導を行なっております。

「ちょっと通うには遠い・・・」と思われてた方も

「学校がずっと休みで何を勉強させたらいいのかわからない・・・」

「せっかく休みだからずっと前に戻って復習させたい」

という方も、良かったら無料体験授業を受けてみませんか??
リモート授業での体験授業が可能です、
その後保護者様ともzoomで画面越しにお話できたらと思います。
一度ご連絡ください!

お申し込み・お問い合わせはこちら