中編です。

中3の冬になって志望校を大きく変え、受験勉強に取り組み始めた長男ですが、その頃の成績は私も全く気にしてなくて、とにかく悪かったです。
5教科全体で半分の点数もなかったと記憶しています。

 

自宅で塾をしていたというのに嫌がって塾に来なくなっていて、やむなく他で個別指導の塾を探しました。
テレビCMで馴染みがあったところを、「ここならいいよ」
と言い通い始めました。

ところが、週2英数の通塾で苦手な英語がますます落ちていき、50点中19点ほどしか取れなくなりました。塾での学習内容を見ると、単語練習ばかりで、その単語は入試に出ないような習ってないものばかり。これでは点数アップは無理だろうと判断しました。
社会理科は映像授業しかなく、眠くなってしまうから彼には無理でした。
それで週2回数学で通うことにしました。
英語と社会は、私が塾の後11時くらいから1対1で教えることにしました。
このときはさすがに嫌がらず座りました。

結果、1ヶ月で英語は29点まで、社会は35点まで伸ばすことができました。反対に数学は、得意だったのに落ちていき、入試のときは25点という結果で驚きました。
のちに知ったのですが、塾での数学は過去問のコピーをやるばかりで、しかも先生が問題を解くことができず解けるまで待っていたようです。

 

話は逸れますが、一般の親御様は中学生のお子様が通う塾を何度も見学したりはしないでしょう。
以前働いていた塾でも、現在の塾でもそのような親御様は見たことがないので。
授業内容もあまりご存知ないと思います。報告書があったとしても本当のところはわからないのでは?
しかし私はプロですから持って帰った問題集やプリントを見ると、何をやってきたかよくわかります。
子供に的確な質問をして様子を知ることもできます。
成績が上がるような授業をしてくれているか?
その子に合ったことをしてくれているか?
見極めるのはとても大切です。
イメージだけで塾を選ぶと、実質がともなわないことも多々あると思います。
子供は先生と仲良くなったりするから悪くは言わないでしょうし、塾の授業が良いか悪いかの判断はできないのが現実ではないでしょうか。

 

私ははっきり言ってその塾に通わせたのは失敗だったと思っています。
しかし、そのおかげで最後に私が長男の勉強を見ることができて、大変だったけど嬉しかったです。
数学も、塾に任せきりにせず私がチェックしていれば良かったです。