香川県条例素案にゲーム利用時間制限。
昨日Twitterなどネットで全国的に話題になっていました。
全国に先駆けて香川県だけが条例にしようと言い出したんですから・・
***
素案の内容
・高校生以下の子どもを対象にゲームなどを利用する時間を1日あたり平日は60分、休日は90分に制限する
・夜間の利用は高校生は夜10時以降、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、制限する
・こうした制限には、いずれも罰則規定はないが、子どもたちに守らせることを保護者や学校の「責務」として明記する
***
ゲーム依存症を懸念して・・・とのことらしいです。

確かに、塾の生徒から夜通しゲームしてた子がいるとか色々聞きます。
その様子をスマホで見せてもらってびっくりしました。
そんな子達に制限したってやる子はやるし親にも止められないのが現状でしょう。夜自分の部屋でスマホやゲーム機いじってたらわからないし止めようがないですね。
 
幼児や小学生には強制力をもって制限した方がいいかもしれませんが。
しかし注意する親の方はどうなのでしょう?親もゲームしてるケースもあるし、依存症というならお酒やタバコは?といった
問題もあります。
 
しかし仮に制限・禁止したとして今までゲームに当ててた時間を勉強にまわすとは思えませんし、今の若い子は”スマホネイティブ世代”。生まれたときから身近にスマホがあったのです。そんな子たちに依存症になるから!と禁じたってねえ・・。と私は思います。ダメ、ダメと言ってると余計でやりたくなるのではないでしょうか?また、のちの反動もキツい可能性があります。
うちは子供が小さい頃、スナック菓子を制限してたら今反動で爆食い…😅
 
まあ、全国的に反対意見が多そうだし第一科学的根拠が薄いし、でこの素案は通らないと思いますし通ったところで実態が伴わないものになる恐れが大きいです。子供達には逆に、声を上げないと変な法律が定められることになると身をもって知るいい機会になるのではないかと思いました。投票って大事だねと。