高松市個別指導学習塾 野田塾

野田塾通信 社会科一斉授業を実施しました!

1年ぶり!
社会科一斉授業を実施しました!
今回は2年生対象に室町時代〜江戸時代終わりまで

授業作りには、
夫が毎週録画していた「ブラタモリ」がめちゃ役に立ちました。
特に京都東山の回。タモさんはすごい!

銀閣寺、東求堂同仁斎について初めて知ることが多かったです。
銀閣寺の近くにある砂のオブジェ「向月台」というんですね、
修学旅行のときに見て以来忘れられず何だろう?と思っていた謎が
少し解けました。しかし実際には作者もその意図も謎のままだそうです。

 

さて、この一斉授業ではわたしが作ったオリジナルプリントに
赤シートで消えるピンクやオレンジのペンで
重要語句を書き込んでいくスタイルをとっています。
教材作りに時間がかかりましたが生徒たちにも
それに地図や図などを書き込んでいってもらいますので
それなりに時間がかかります。
しかし充実させると入試対策にも十分使えるものになるはずです!

この方法は私が高校時代、日本史の先生が作ったオリジナルテキスト
を使用していたことで学びました。
公立の進学校だったのですが、数学は分厚い問題集が教科書がわり、
日本史と世界史はその手作り感満載のオリジナルテキストが教科書
でした。
特に私は社会が得意科目だったので実によく覚えています。
日本史の先生には本当お世話になりました。感謝しております。

 

ホワイトボードの前でどんどん授業進めていったのですが、
「中国はこの頃「清」でした。」と私
生徒に「漢字がわからんー」と言われて、
「清い、前川清の清だよ。」

「山城の国一揆といいます。」
生徒「あー、山白?」
「違う、山城新伍の山城。」

「加賀の一向一揆。」
生徒「かが?」
「加賀まりこの加賀だよ。」

「大阪の堺。」
生徒「坂井?酒井?」
「違う、堺正章の堺だよ!」

私が挙げる芸能人がわからず、シーンとしていました。
前もって考えてたわけじゃなく、なぜかポンポンその芸能人たちが
浮かんできたのです・・・。自分が中学生当時そういう覚え方をしたのでしょうか?

何はともあれ、とっても楽しく社会のお勉強ができました!

新着情報

野田塾通信