高松市個別指導学習塾 野田塾

野田塾通信 テスト対策新しい取組み、結果が出てきてます(^-^)

2月は中学生のテストラッシュでした!
もちろん入試直前でもあり、私たち講師もめっちゃ頑張りました!

2月14日に香川県独自の実力テスト「学習の診断」(診断テスト)
がありました。
(3年生のみ名称が違っていて「総合テスト第2回」シリーズ最後のテストでした)

中1にとっては初の、範囲が広い実力テストだったため
私も不安で不安で、今回から初めての試みをいくつかやりました。

1)個人面談
個別指導なので、個々にコミュニケーションを取りつつ
学習指導をしているつもりなのですが、毎回限られた時間内に
学習範囲を達成することがどうしても優先になりがちでした。
もっと色々話したいと常々思っていましたので、今回
個人面談に踏み切ってとても良かったです。
私:「診断テストはいつですか?」
私:「目標の点数は?国語からどうぞ」
私:「それに向けて今取り組んでいることは何?」
など質問し本人に考えさせるようにすると、見えてくることがたくさん
ありました。中にはテストがいつか知らない子もいましたし・・

2)社会科の一斉授業
これは中1のみ対象に試験的に取り入れてみました。
実は私の専門は社会科でして、かれこれ10年以上前から社会科の教え方・
勉強の仕方について模索していましたがそれを具体化できないでいました。
ぶっちゃけ暗記科目でもありどう教えたら点数につながるのか?
覚えてもらえるのか?
これ!という手法が見出せなかったのです。
しかし、昨年1人の塾生と自分の息子に教えたことで結果も出せて、私に一筋の光が見えてきました。
(自分の息子には受験前2週間で歴史地理公民を詰め込み50点満点のテストで約20点アップさせました。)
で、今回 何日もかけてオリジナルプリントを作成し、それに書き込みながら授業を聞き
最後に覚えたかどうかゲーム感覚で確認テストをする、という形をとりました。
1年生全員が受講してくれて盛り上がりました。

あとは今まで通りの
・自習室開放  ・理科の特別授業  ・英数テスト前補習
など、3学期の定期テスト「学年末テスト」がありましたから
それにも対応してできる限りの準備をしました。

昨日学年末テスト1日目でしたが、嬉しい報告が2つありました!
まず社会、テスト後に私のオリジナルプリントを見て、合ってたかどうか
確認していると、周りの生徒たちが
「何それ?テストそっくり」
「すごい!」
と群がってきたそうです!!
テストを見せてもらいましたが、すごくオーソドックスで
私の予想通り、そっくりでした確かに。
嬉しそうに報告してくれたのを聞き、何日もかけて作った甲斐がありました。
めっちゃ嬉しかったです!!

そして英語の予想問題も作って覚えさせていたのですが、それも
あ、これ出た!あ、これも!
と25問中18問出題されていました。
ちゃんと覚えていたらめちゃ点数いいやん!

結果を聞くのが楽しみです。
診断テストは既に結果が返ってきていますが
社会科に関してはみんな高得点でした!


野田塾通信