野田塾子ども瞬読教室10月〜

野田塾 子ども瞬読教室、仏生山本校と番町校にて
10月より2期生たちのお教室が始まりました〜

(1期生、2期生 と名付けていますが、テキトーです。
基本いつでも入塾可能ですよ)

初回のお教室では

瞬読教室では初回に、瞬読トレーニング前の普通に熟読するときのスピードを計測します。そして約60分ほどみっちりトレーニングして、最後またスピード測定し、どれだけ増えたか可視化します。

たった1回のレッスンで、2倍は普通、人によっては5倍以上のスピードになる場合もあります!驚きですね!

で、どうなの?

10月に入って初回のレッスンを受けた子どもたちの様子をレポートします♬

 

●Kくん(小学4年生)

お母様の感想:

瞬読すごい!すごく楽しかったらしいです。
どうやった?って聞いたら、読んでるときは別に覚えてないし考えてもなかったけど、書き出したらなんか急に思い出して書けるからビックリした。って言ってました!

瞬読教室の後、学校からもらったちょっと難しいコロナ抗体保有調査のお知らせプリント読ませたら、早く読めました!!(O_O)

(初回、トレーニングに選んだ本が「残念ないきもの」だったので)
残念な生き物について残念な理由を初めて教えてくれました。(笑)
「明日図書室行って字が多いの探してくる。」とのことです。

(アウトプットについて)
説明とか自分で考えて頭の中にあることを文章にすることがすごく苦手なので、これを機に苦手意識がなくなるといいなーと思います。

お子様自身は割とシャイなのか、授業中は静かに淡々とトレーニングをしていましたが、おうちに帰って興奮してお話ししたようです。

後日またメールをいただき、図書室で前だったら42ページまでしか読めなかった本が同じ時間で半分以上読めたそうです。

 

●Mくん(小学6年生)

1回目の授業で約3倍のスピードになりました。
トレーニングをすごく楽しんでいました!
本を読んで内容を言ってもらいましたが、たくさん話せていました。

語彙力もすごくあるし、普段からよく本を読むのかと思ったら、ゲームばかりで本なんてまったく読まないとのこと。
「23が60運動は??」と聞くと、
「あーそんなのあったねえ」とのこと
(今はあまりやってないんですかねえ?うちの子が小学生のときは必ず提出でしたが・・・)

60分のトレーニングで本の半分ほど読めて、最後ノートに書き出ししてもらったら、スラスラいつまでも書いていました。

宿題(今日のスピードで本の続きを読んで書き出しも続き書くこと)出しても大丈夫?と聞くと、ゲーム以外に楽しいことができるからやりたい!とのこと。なるほどそういう考え方もあるのかーと感心しました。

お母様からは、
「楽しく学んでこれたようです。分速1万字目指して頑張ろうかな、と言っておりました。私は想像できませんが…来週もよろしくお願いします。」
とお言葉をいただきました。

 

●Sさん(中学3年生)

1回目の授業で約5倍のスピードになりました。
アウトプットもスムーズに出て、本の内容が臨場感持って伝わってきました。

来たる診断テストを気にしながらの受講でしたが、診断テストの国語を受ける時は、今日の読み方で本文を読むよう指導しました。

●Sくん(中学1年生)

1回目の授業で5倍以上のスピードになりました。お迎えに来られたお父様もびっくり、息子の成長次第では私も受けたい!とおっしゃってました。

現在は本や国語の文が読めない、テストの時は時間が足りない、と言ってましたので次回テストのときにどう変化するのか楽しみです。

 

その他着々と結果を出していってます!
若い子はやっぱり早いですーーー!

現場からは以上です!